+81 0358183457

今すぐ当社までお電話ください

顧客の旅: 階段昇降機を購入するのに適したタイミングとは?

階段通路が自分の旅の味方ではなくなり、それどころか身体的限界を周期的に思い起こさせるものになったらどうなりますか?

作成者 Stannah 時刻 22-08-2021

階段にはとても多くの形と様式があります。それらは、直線またはらせん状の階段通路の形になり、屋内または屋外に置くことができるので、お客様は実用的な理由、またはそれが与える外観、あるいはその両方を目的として構築することができます。しかし、階段すべてに共通しているのは、階段を上り下りする時の歩くペースに階段が影響するということです。気持ちを強く持って健康であれば何も問題はありませんが、とは言え、突然に何かが変わるのです。どの年齢にも起こり得ます。その原因は、怪我、加齢による自然の結果または間接症の発症になるかもしれません。膝関節も腰も問題になり得るし、心臓病、またはお客様が階段を使うことを苦痛に変える他の何かによって引き起こされる場合があり、それからあっという間に、階段通路はお客様をA地点からB地点に移動できるようにしてくれる味方ではなくなります。突然、日常習慣でそうした反復してよく使われる構造が日常習慣を制限する恐ろしい敵になり、定期的に身体的限界を思い起こさせるのです。

old lady in a staircase

のようなものではないけれど、伝える価値のある、本当に有意義で感情に訴えるストーリーです。しばらくの間、それについて考えていますので、ご自宅での自立した生活を取り戻すことを決意するまで、顧客が通常経験する旅のステージにパターンを見つけました… 多くの人がその旅に共感することを知っています。

でも、「旅」や「英雄」にする理由とは?

750,000台以上の階段昇降機を設置した後も、快適かつ安全に階段を滑らかに上れるという、顧客が今ある状態に辿り着くために直面したあらゆる肉体的、精神的な苦闘に驚かされ続けています。それが、顧客を実在の英雄として認め、顧客のストーリーを伝える価値があると本気で信じている理由です。

顧客一人一人に異なるストーリーがあるため、皆に共通している何かを探すことから始めました。それから、何かを見つけました。共通項は、顧客の誰もが新しい現実を認めて受け入れるという類似した「プロセス」を通過することです。それは、決して簡単ではないプロセスです。文化や市場にかかわらず、ある旅を受け入れるには数日かかる場合も、数年かかる場合もあります。40年事業を営んできた後に、当社は、それぞれの旅の裏側には原型的なストーリがあることに気が付き、顧客は道中で直面する障害について十分よく理解していることを知るに至りました。その旅の終わりには、まるで階段自体が、その障害を乗り越えるために必要な教訓を学んだり、味方に出会ったり、人生を目的としてより前向き進めるように成長したりする機会を、私達の英雄に与えるプロットを設定したかのように感じられます。

英雄は課題に直面しています: 肉体的な衰えを認めること

Our hero is confronted with a challenge: the acknowledgment of physical decline

また、ここ数年のビジネスを通して、移動補助を受け入れることに対してのスティグマと抵抗感が現実にあることを確認しました。なぜなら、私達のいる社会では、若さと強さが常に良いもので望ましいものと定義されているためです。古典的なギリシャとローマの文化以来、老年は衰えや耄碌の段階として判断された一方、強さと若さは何よりも大切なものとされていました。実際に、移動補助を必要とする多くの人々は、それらを入手することを恐れ、他人の前でそれを使うことを思うと神経質になります。それが、ここ何年かの間に顧客と接する中で、Stannahがいつもできる限り前向きで誠実な方法で、このスティグマに対処することを試みてきた理由です。すべては、理解することと、顧客に自分自身の旅に乗り出す時間が与えられることから始まります。それでも、私達は英雄を見放すことはなく、家での自立した生活を取り戻せるように、旅路での経験を改善するように努めることを決してやめません。

住み慣れた場所に住み続けるという夢を叶えるには、多くの要素を考慮に入れ、前もって計画しておく必要があります。例えば、転倒のリスクを減らすのに適した靴を履くことくらい簡単なことが、年を重ねるにつれて、人々が恐れるものになり得ます。なぜなら、その人は「老年」のカテゴリに入り込んでいることを感じてしまうからです。運動性に関する認識は時間と共に変化し、今日簡単な作業も明日には難しくなる可能性があり、大きな課題にもなり得ます。さらに、これについて考えるだけでも、多くの人にとってストレスが溜まり、意気消沈させるものになり得ます。これが、家の生活の品質を向上させるために正しい決断をすることが、当たり前のことにはならない理由です。分かりづらいものになる可能性があります。加えて、階段が問題になると、物事はさらに難しくなり得ます。

自分の旅の英雄になることの利点が真に前向きに人生を変える可能性がある一方、肉体的な衰えや、階段昇降機が本当に必要であるということを受け入れることは、多くの人にとって最も難しい課題です。

次のように、英雄は課題をはねのけます: 「自宅用の階段昇降機を入手する?そんな年寄りじゃない!」

The hero rejects the challenge: “getting a stairlift for my house? I’m not old!”

人間には人をカテゴリに分けて分類する傾向があります。実際に、文明の発生以来、私達は人をカテゴリに分類してきました。ある人が65歳の年齢に達すると、その人が自分自身を年寄りまたは高齢者と認識していなくても、その人は高齢者として分類されます。残念なことに、いつまでも「高齢者」と「老年」に関連したスティグマがあるため、それが理由となり、多くの人々が年を取っていることを認めることを恐れます。

多くの人々が階段を上る際に直面する難しさにこの所見を置き換えることで、Stannahでは、この難しさが多種多様な異なる条件によって引き起こされ得ることについて知ります。ただし、当社の最新の世界的な市場調査により、膝の痛みが約5割のユーザーに影響を与えるということに気づかされました。つまり、怪我、関節摩耗、または関節炎状態のいずれかによって引き起こされる膝の痛みです。これは最も一般的な事例であるため、最も多くの人に共通するストーリーです: 膝の痛みに関するストーリー。

50代後半/60代前半の男性女性のストーリーをお聞かせください。その人が自分を「高齢者」または「老年」とは全く思っていなくても、自宅を動き回る必要がある時に膝の痛みと格闘しています。最も起こり得ることは、出来る限り階上に上がることを避け始めることです。その後、痛みが増すと、階段を上りながらまたは階段を四つん這いになって上りながら、両手で手すりを掴み始めるのです。しかし依然として、助けを拒み、あらゆる種類の移動補助を使用するという考えを避けます。移動補助を受け入れることが、最も明白なソリューションだということをこれを読む読者には明々白々かもしれませんが、この旅を経験してきた人々だけが、その難しさを理解し、それがもう安全ではないのに若い頃と変わらずに階段を上ることが「できる」のだという思い込みを、取り除けるようになります。その時に、英雄は自分と目標の間に感情的または戦略的なブロックを積み始めます。

英雄は厄介者としての役割を始めます: これは何年も続く可能性があります。

The hero starts his role of trials: this can go on for years!

英雄を思い描きましょう – その人はまだ自分を英雄だと分かっていません – その上、厄介者の役を何年も続けるということもあり得ます。その英雄は、階段を一日中避ける計画を立てますが (朝に降りて就寝時間まで上って戻ることを避けること)、それは変化を加えることを検討する時期であるという明らかな兆候です。

英雄の旅のこのステージでは、英雄は、階段を上るプロセスを簡単かつ痛みを伴わないものにしてくれるであろうソリューションがあることを既に知ってます。ただし、英雄は階段昇降機の購入を肉体的な衰えや老化を認めることとして頭で考えているため、そのソリューションを拒み、転倒を避けようと格闘しながら、痛みを伴いながら階段を使い続けます。階段昇降機よりも高額なソリューションを検討し始めることもあり得ます。一階建ての住宅に引っ越すなどのオプションは、移動補助を使用しなければならないということよりも、魅力的に見えることさえあるかもしれません。しかし、そんなに簡単にお気に入りの家を手放すことができますか?思い出と自分のもののすべてを?自分のものと呼べる場所から引っ越すのにかかる料金のことを思い浮かべましょう。

残念ながら、この拒絶は、健康状態を悪化させながらも、または生活能力に支障を来たす転倒が発生するまで、何年も続く可能性があります。英雄は厄介者の役割を生きて、移動補助のオプションに屈するつもりはありません。それが顧客との最初の接触が、大抵は格闘と苦しみの何年も後になる理由です。悲しいことに、時々、転倒が既に起こった後ということもあります。だから、予防策について十分に説明することができない場合があり、ご家族から問い合わせを受けた時にはいつでも喜んで、身近な人が怪我をする可能性が生まれる前に予防処置を探し求めるのです。

悪に立ち向かってやっつける: 心理的障壁に打ち勝ちましょう!

Confront evil and defeat it: overcome the psychological barriers!

この時点で、少し階段を使用する時にも身近な人の安全を家族は心配しています。それは避けられません。誰もが、その人がもう独力で階段に向き合うことができず、転倒のリスクが差し迫っていることに気付いています。最終的に、英雄は転倒が自分だけではなく、家族全体にどんなふうに影響するかについて考え始めます。この時に英雄のエゴがなくなります。突然、階段について心配することよりも、もっと重要なことがあることに気付くのです。この段階で、英雄は自分が経験してきたプロセスを理解するために必要な知恵を発達させます。それにより、英雄は自分のためだけでなく、家族の心の安らぎのために、サポートを受け入れるための次の一歩を踏み出す必要があることを知り、感じ、認識できるようになります。

何人かの人々は、階段昇降機を贅沢品としてまだ考えている場合もありますが、転倒によって重傷を負った多くの事例を目の当たりにすると、自分にとっても家族のメンバーにとっても、階段昇降機が必要なことを今まで以上に強く確信します。愛犬の様子を見たり洗濯一回分をひっくり返したりするために、恐れも不安もなく階下に下りることができることを想像してください。これを受け入れることにより、自分の旅の英雄になることにさらに一歩近づくことになります。つまり、途中で正しい決断を行ったということです。

悪に立ち向かって成功する: 最善の決断が行われました!

Confront evil and succeed: the best decision has been made!

最初に顧客訪問すると、常に、まず始めに顧客の運動性の問題を把握して評価し、身体的制約とそれが日常習慣に与える影響を理解することになります。次のような質問を行います: 「階段を上り下りして物を運ぶことができますか?手すりを必要としますか?助けなしで200ヤード以上の平坦地を横断できますか?」。これらの質問に多くの顧客が驚きますが、ここでは誠実な自己評価が非常に重要で、この時点では、英雄はこれらの質問によって気分を悪くすることはありません。

新しい階段昇降機を使用するという初めての経験は、通常、英雄にとっても家族のメンバーにとっても、勝利をもぎ取った瞬間です。誰もが、なぜ最初からこの成功を収めなかったのだろうかと不思議がるものです。それは、英雄が辿り着いた地点に到達するには、学習プロセスを通して変わる必要があったからです。

その地点に到達すると、住み慣れた場所に住み続けることの可能性が現実のものとなり、引っ越す必要がないということが勝利であることにも気が付きます。自分の家を手離して複雑な引っ越しに本格的に取り組む代わりに、単純明快な階段昇降機を選択することは、最も思慮深く、実用的な決断だと思われます。簡単に階段の問題を解決し、家の残りの部分をそのまま維持できます。階段昇降機を使用すると、大切なものが手元に残り、ご自宅の至る所に堂々と飾ることができます。700,000人以上の人々が家で階段昇降機を使用しています。どれだけ多くの人が間違えているのでしょうか?

その道の学生がその道の師になる: 推奨者になります!

The student becomes the teacher: advocating!

英雄は、これらの事前のステップをすべて踏んだことで、階段を使用する場合に自分が以前いた場所、つまり、安全と自立から遠くかけ離れた場所に他の人々がいることに気付けるようになりました。しかし、Stannahの顧客の一人一人が勝利に至る「重要な道」を見つけて、他の人に教えることになるでしょう。このようにして常に社会全体として前進しています。つまり、痛みから遠ざかろうとしながらも、他の人にもその方法を教えることで。英雄は、自分が経験してきた道のりを他の人に教え、そのストーリを共有してくれることでしょう。また、当社は、顧客のほとんどが自立と管理の維持につながる階段昇降機の利点により、生活の質の向上につながり、もっと楽しめることに体力を温存できるようになっているという事実を嬉しく思います。

そのようにして、多くの顧客は、各自の旅の終わりに勝利を収め、Stannahが階段昇降機の汚名を返上するというミッションを続けられるよう勇気づけてくれます。私達は、移動補助機器への抵抗感を克服して、移動補助に付けられたスティグマを払拭する必要があります。

希望を持って少しずつ、骨の折れる旅を行う顧客が少なくなり、心理的障壁をすべて打ち砕けるようにする必要があります。結局のところ、すぐにでも階段昇降機の購入を検討することにより、この先ずっと、階段昇降機の利点を得られるようになります。だから、このストーリーを伝えることが重要なのです。

Stannahはどうかと言えば、ますます一般にブランドやデザインへの意識が高まるにつれて顧客のことを考え続けるようになり、より熱心に個人を尊重して前向きな姿勢で年を取ることを受け入れ、自由に使える技術を最大限に活用しながらその技術力を用いて、家での自立と安全に向かう各自の旅を書き改めています。

また、読書:
住み慣れた場所に住み続けること: 階段が問題になってしまったらどうしますか?