+81 0358183457

今すぐ当社までお電話ください

膝の痛み: 症状と予防対策を知る

Stannahでは、膝の痛みが顧客の日常習慣と独立した生活に影響を与える可能性があることを知っています。だから、予防が大切なのです。

作成者 Stannah 時刻 22-08-2021

knee-pain-symptons-causes-treatments

自分自身または知人の誰かが、膝の怪我骨関節炎、もしくは関節リウマチのいずれかによって引き起こされる激しい膝の痛みを経験している場合、日々の用事を済ませようと食料品店まで200ヤード歩いたり、浴槽に入ったり上がったり、階段を歩いて上がったり下がったりすることなど、幾つかの例を挙げるだけでも、どれだけ気が滅入り痛々しいものになり得るかを知っているでしょう。

膝の怪我は時間と共に良くなるかもしれないけれども、関節炎によって引き起こされる膝の痛みは退行変性過程です。時々、膝の怪我が、その特定の膝関節に早期関節炎の症状を引き起こす可能性があります。

これは恐らく驚くことではなく、誰もが少なくとも、怪我、関節炎または骨粗しょう症のいずれかによる膝の痛みに悩まされている人を知ってます。年齢を重ねるにつれて体が衰えることが明らかとは言え、皆が皆、望みがないということではありません。

年齢を重ねると、関節炎に悩んでいることを知ってる高齢者について考え始め、どうすればその痛みや移動の問題に対処できるのだろうと思うことがよくあります。Stannahで働いていると、特に幸運なことに、真の英雄である顧客からの感動的で美しいお客様の声に触れることになります。それらのライフストーリー、特に膝関節に苦しむ人々がその日常習慣で、その苦しみによりどれほど大きな影響を受けるのかというストーリーは、顧客が経験する内容についてより一層考えさせられるものです。

しかし、私達人間がそれほど膝の痛みや膝の怪我になりやすい理由とは?

それが問題です!

科学的に言うと、ジェニファー・アッカーマンがナショナル・ジオグラフィック・マガジンで述べているように、その答えは直立姿勢のマイナス面に関係があります。言い換えると: 「人は、優雅に持続して、立ったり歩いたり、走ったりできますが、痛みを伴う足や膝の怪我に苦しみます。人は、脊椎をねじったり回したりできるにもかかわらず、ほとんどの人は、人生のある時点で腰痛に苦しめられます」。

「人は、安定性とスピードを手放しました。人は、掴む道具としての足の使用をやめました。私達は、海綿骨と壊れやすい関節を得ました」。ジェニファ

The human body is not 100% adapted to the upright position.

人間の身体は、直立姿勢に100パーセント適応しているわけではありません。

これはつまり、進化という観点から見ると、人間の身体は直立姿勢に100パーセント適応しているわけではないという意味です。

好奇心からでも、既に膝の痛みに苦しんでいる場合でも、このブログの記事を読み続けたいと思うかもしれません。当社は、膝の痛みに関するお客様からの質問にお答えし、膝関節の変性過程と実行可能な幾つかの予防対策についての分析情報を提供しています。

What is the knee function?

「直立姿勢のマイナス面」に関するジェニファー・アッカーマンのエッセーとスコット・ダイが述べている内容によると、膝関節は「四肢の間での負荷移動という役目を果たすために申し分なく設計され、3億6千万年前に生まれた構造です。」ただし、直立して立つことで人は、膝、足関節、および足により多くの負荷と圧力をかけてきました。実際に、膝関節は人間の体の中で最も怪我しやすい関節の中の1つになり、米国では年に一億の犠牲になる場合があります。

「膝に関わる医療処置は合計で、米国では年に一億になります。」

これは、膝の痛みの問題を抱えている方、または身近な人を心配する方々を怖気づかせるように聞こえるかもしれませんが、以下のように、ちゃんとした理由があります: 膝の痛みや膝の怪我は、体に安定性と柔軟性を与える役割を担う膝の運動制限に由来する可能性があります。膝があると足を曲げたり伸ばしたりすることもできます。立ったり歩いたり、ひざまずいたり、ジャンプしたりターンしたりして普通の生活を送りたいのであれば、安定性と柔軟性の両方が必要です。

膝は独立して機能しないので、膝が機能するように助ける次のような体の他のパーツがあります:

  • 軟骨
  • 筋肉
  • 靭帯

上記のパーツのいずれかが損傷または負傷した場合、それが原因で激しい膝の痛みに襲われる場合があります。

ある人は、その痛みに気を取られ、ネガティブな気持ちでいっぱいにさせられる一方、他の人は、その原因を解明しなければならない気持ちにさせられ、改善に向けて行動する場合があります。

膝の痛みの原因とは?

進化的な理由で痛みが存在します。それは、体のどこかがおかしいこと、そして即注意を向ける必要があることを知らせる脳からのメッセージのようなものです。

アンネ・カールソン著の Plainwaterには「痛みの質の原則の1つは、それは説明を要求するということです」と書かれています。

現在の焦点は、何が膝の痛みを引き起こし得るかを理解することです。実際に、男性も女性も子供も、膝の痛みに悩まされる場合があります。人生のどこかの段階で誰にでも起こり得ることです。ただし、年齢を重ねるにつれてより多く起こります。

激しい膝の痛みを起こし得る膝の怪我をいくつか見てみましょう:

  • 膝の構造に連結して支える靭帯や腱の張りや怪我となる突然の運動またはひねり
  • 半月板の断裂 (膝への衝撃を和らげるゴム状のC字型の板)
  • 膝蓋骨の骨折 (大腿骨と関節で連結されている円弧三角形状の骨)
  • 膝蓋骨脱臼
  • 膝に反復的または長時間負担をかけた後 (階段昇降、サイクリング、ジョギング、跳躍) または手術後の、使い過ぎによる怪我または炎症

アスリートまたは膝に反復的な負担がかかる仕事をしている個人は、膝の怪我を発症させる危険性がかなりあります。

それだけではありません。

膝関節炎を引き起こす原因については確実なことは言えません。ほとんどの研究者は、次の要因の組み合わせであると考えています:

  • 筋力の低下
  • 体重の増加 (肥満)
  • 遺伝
  • 関節損傷または反復運動損傷
  • 持続的な寒冷曝露
  • 老化。

関節リウマチ (RA) と変形性関節症 (OA) の違いとは?

実際に、関節炎はさまざまな条件によって引き起こされる可能性があります。多くの事例の中では、関節リウマチ (RA) 変形性関節症 (OA) が最も一般的です:

  • 変形性関節症は、高齢者で高い有病率となり、事実上普遍的になります。従って、いつかは、膝が役に立たなくなります。それは継続的な摩耗プロセスであり、「骨関節炎」としても知られており、膝の骨の間のクッション層または軟骨がすり減り、薄くなっていく原因となります。骨変形については、関節が既に奇形化しているため、膝関節の変性関節症のリスクを増大させ、軟骨欠損を含む場合があります
  • 関節リウマチは、持続性の炎症性関節炎となって現れる自己免疫疾患の一般的な種類です。通常は均等に両関節に影響し、関節損傷や全身反応をもたらします。特に膝の関節炎は、膝関節に発症する炎症になります。関節リウマチによって引き起こされる炎症は、膝関節周辺の軟骨と骨を徐々に破壊する場合があります。

これら2つの症状は関節炎の異なる種類にもかかわらず、類似した特性を共有しますが、その症状には違いがあります。見てみましょう:

  • 関節リウマチは関節と周囲の筋肉組織に影響を与えますが、変形性関節症は関節にのみ影響を与えます。
  • 関節リウマチは遺伝的に受け継がれ、その人の生存期間中にいつでも現れる可能性がありますが、変形性関節症は、通常人生の末期の人に影響を与えます。
  • 関節リウマチは急速に進行して悪化しますが、変形性関節症の変性過程はより緩やかなものとなります。
  • 関節リウマチは、変形性関節症よりも耐え難いものです。

膝の関節リウマチ (RA) の症状とは?

初期段階で関節リウマチに気づくことは難しいことですし、次のように思われるかもしれません: 知っておく必要がある症状とは?

症状については、特に朝、または長期間の無活動の後に現れる場合があります。例えば、次の通りです:

  • 朝の関節硬直: 変形性関節症による膝の関節硬直は30分後に治まりますが、関節リウマチによる膝の関節硬直はずっと長く続き、一日の大半になることもあります。
  • 膝の軟骨機能しなくなり始め、歩くと膝の骨が互いに擦れるがままになります。
  • 同時に複数の関節周囲に腫れまたは液体、主に手首、手、指および膝の関節になります。
  • 同じ関節の体の両側が罹患した状態。
  • その皮膚の下にある固いしこり (リウマチ結節)。
  • 疲労の継続や微熱。
  • 食欲不振。

膝の凝りと腫れを感じる場合があり、無理のある運動後に痛みが増します。恐らく、以前に動かしてたように簡単に膝を動かすことができなくなります。

その一方で、立ち上がる時にいつでも、唯一感じられることが、膝が鳴る音だとしたら、これはとても一般的なことのように思われます。ニューヨーク・タイムズさえも、このトピックに記事を捧げています。誰もが膝が鳴る経験をしていますが、正常なものと関節炎の兆候である可能性があるものの違いを知る方法を確認することが重要です。

Stannahは、複数の関節炎の状態を模倣することになる直接的な身体的経験 (関節炎のスイート体験) を作ることにより、物事を一歩先に進めました。関節リウマチの症状を理解して気付くためには、自分の皮膚でそれを感じる以上に良い方法はありません。この特別に設計されたスーツは、小石を入れたストラップから成り、不快感や関節でカチカチ音を立てる感覚を模倣します。膝と手が最も痛い場所で最も身体的に損なわれるということが判明しています。

変形性関節症 (OA) を抱える生活とはどのようなものですか?

年を取ると、関節に以前のような柔軟性がないことを感じるのが普通です。年を取ることは、痛みを伴わないプロセスではありません。変形性関節症についてよく分からない場合、その原因と症状について知っておきたいと思われるかもしれません。

変形性関節症の原因に関しては、完全には明らかにされておらず、遺伝要因であるように思われるのだけれど、それが年齢と共に発症しやすい状態となります。50歳を過ぎると、女性は男性よりも変形性関節症に罹患しやすくなります。ただし、最初の症状が40代に現れ、緩やかに進行する場合があります。

変形性関節症による最も一般的な影響は、軟骨の摩滅です。軟骨は骨の先端を覆い、ある骨を別の骨に対して穏やかに動かせるようにします。ただし、変形性関節症を患うと、この関節の軟骨が徐々に劣化して薄くなります。

健康な膝の場合は、膝の骨の先端を覆って保護するこの柔らかくて弾力のある組織のおかげで、痛みを伴わずに曲げたり伸ばしたりできます。年を取ると、軟骨の劣化が生じ、骨が擦れて痛みを引き起こす場合があります。

50歳を過ぎると、女性は男性よりも変形性関節症に罹患しやすくなります。

場合によって、変形性関節症により移動の問題が引き起こされると、人は、援助または手すりを使わずに階段を上り下りして物を運ぶなど、簡単な作業を行うことをとても難しく感じる可能性があります。

運動が変形性関節症の原因にはならないとしても、過度の運動や事故から生じる怪我が、骨関節炎の状態を導く結果になる場合があります。

次のように、変形性関節症の発現を決定付ける要因がいくつかあります:

  • 年齢: 軟骨を修復する能力が年齢と共に低下します。
  • 遺伝: 一部の遺伝子が変形性関節症に関連しています。アーチ状の足またはまさにその関節の膝/関節に関する疲労を持つことは、この病気を患うリスクを増加させる場合があります。
  • 体重: 体重が増えれば増えるほど、膝により多くの負担がかかり、関節に影響を与えることになります。
  • 怪我: スポーツによる怪我など、前の膝の怪我が将来的に変形性関節症の原因になる場合があります。
  • 使いすぎ: 作業の一環として、ひざまずいたり曲げたり、重いものを持ち上げたり歩いたりすることがとても多い人は、膝の怪我や摩耗を起こしやすくなります。これにより、将来的に変形性関節症を発症させやすくなります。
  • その他の病気 – 例えば、紅斑性狼瘡やライム病を患っている人は、変形性関節症を発症させる可能性がさらに高くなります。

変形性関節症は時間と共に悪化するため、予防開始が早ければ早いほど、良くなります。

膝の炎症や凝りに対処する方法とは?

関節リウマチ (RA)変形性関節症 (OA) の治療法はないけれども、関節の炎症と痛みを減らすことができる治療はあります。関節炎を遅らせたり止めたりするには、早期の積極的な治療が重要です。これらの症状のいずれかの初期段階にいる場合は、出来るだけそれらを使わないようにして、関節損傷を防止することに集中する必要があります。

痛みに耐えられない場合は、医師が薬を処方してくれる場合があります。通常、痛み止めやステロイド注射を用いることで、即座の解決策が提供されることになります。ただし、その副次的影響の理由により、次のような、代替手段を知っておく必要があります:

  • 抗炎症クリームを膝に塗ることで、痛みと腫れが引きます。
  • 理学療法士は、それ以上のダメージを与えずに膝周囲の筋肉を鍛えることができる、可動範囲を広げるためのエクササイズをいくつか教えてくれる場合があります。

一方、痛みに耐えられるが、それでも日常習慣に影響を与える場合、医者は関節を保護して軟骨の劣化を遅らせるために、一部の生活スタイルを変えるよう勧める場合があります。従って、より健康的な生活スタイルに向かう道は、次の通りです:

  • 最小限の影響のエクササイズ: 散歩、水泳、水中エアロビクスが最適のオプションです。歩行中に膝関節への衝撃を和らげてくれる適切な履物を履くことをお忘れなく。ただし、炎症がある場合には、エクササイズをひと休みすると良いでしょう。
  • 大腿四頭筋のエクササイズ: 常に最小限の影響のエクササイズで、大腿四頭筋のエクササイズをするようにしてください。臀部の筋肉を鍛えることにより、動く能力が向上し、膝の痛みが引く場合があります。
  • 副木により、関節や骨が支えられ、痛みや不快感が軽減する場合があります。
  • グルコサミンサプリを服用すると、軽度の症状を和らげます。グルコサミンは、自然に軟骨に確認できる化学物質であり、その摂取が新しい軟骨を形成するのに役立つだろうと考えられています。
  • ダイエット: この症状に特有のダイエットはないけれども、一部の人々は、脂肪分の高い食事や乳製品により症状と炎症の悪化を経験しています。他方では、サーモンや豆腐やくるみなど、オメガ3系脂肪酸を定期的に摂取することで緩和させています。果物、野菜、穀物、およびオリーブオイルが豊富な地中海食も身体機能と活力を向上させることができます。
  • やせる: 過体重になると、変形性関節症が悪化する場合があります。数ポンドやせると、膝の緊張の量に違いが生まれる場合があります。従って、自分の身長と年齢の理想に可能な限り近づけるように体重を維持してください。
  • 膝を痛めている場合は、膝を休めて使わないようにします
  • 鍼治療: 3000年以上行われているもので、体のある部分を刺激し、神経を解きほぐして痛みを緩和させると考えられています。
  • ビタミンD: 研究では、米国北東部に住む女性は、明るく日が照る地域に住む女性よりも関節リウマチのリスクが高いことが示されています。日照不足がビタミンD欠乏症を引き起こす場合があります。さらに、ビタミンD欠乏症はその他の自己免疫疾患に関連しています。ただし、念には念を入れて高保護の日焼け止めを使用してください。

研究では、関節リウマチまたは変形性関節症の迅速な治療を受けた人々は、すぐに具合が良くなり、ほとんどの場合、アクティブな生活につながる可能性が高くなることが示されています。また、それらの人々は、関節手術または関節置換術につながる種類の関節損傷になることが少ないです。

ただし、生活スタイルの前の変更が重大な損傷を負っている膝関節に効果がなく、身体的活動の低下を引き起こしている場合は、手術することが疑う余地のないオプションになることでしょう。最も一般的な治療介入は、次の3つになります:

  • 関節鏡検査: 軟骨の欠損した部分を取り除き、その軟骨の表面を柔らかくします。変形性関節症の進行度により、この処置の効果は低くなります。
  • 骨切り術: 膝に与える緊張を緩和するために膝付近の骨の一部を切り取ることを意味します。
  • 膝置換: これは、人口関節による損傷した箇所の部分的な交換または膝の全置換になる場合があります。

膝の手術後、回復過程は12週間以上かかる場合があります。それまでの間は、膝へのちょっとした負担や緊張が、好ましくない合併症の事例につながる場合があるため、患者は回復に極めて重要なこれらの週の間に十二分に安静にする必要があります。

何人かの個人が、健康上の合併症を発症させる場合がある症状のいずれかに苦しんでいるとしても、それらの多くは、症状管理に焦点を合わせて健康的な生活スタイルを維持することで、または予防的アプローチを用いることで回避することができます。

それでも、予防対策の重要性が見過ごされることが多くありますが、Stannahでは、この避けがたく思われる症状の進行を遅らせる重要な要因として、予防を強調します。

膝を助ける階段昇降機

膝関節の損傷または痛みに苦しむ傾向がある場合は、重量挙げまたは重いものを運びながら階段を上り下りするなど、膝関節に負担や緊張を強いるあらゆる活動に気を付けてください。さらに、当社の顧客は、階段昇降機を使用することが膝が傷み出して最初のアクティビティになると語ります。

階段を上ると膝が傷む理由とは?

階段を上り下りすると膝が痛むことがよくあります。でも、この痛みが生じる理由とは?このブログ内で提供される全情報を確認すると、その理由をとても簡単に特定できます: 膝蓋骨が通常よりも大腿骨に覆い被さるように上下にスライドすることを強いられます。軟骨がすり減ると、粗い軟骨に骨が擦れて痛みを感じる場合があります。

間違いなく、もっと楽しめるアクティビティのために膝と体力を温存する必要があります。これを実行することにより、膝関節の損傷を遅らせたり、回復に向かわせたりできます。

ステッキ、履きやすい履物などの移動器具や移動の道具、および階段昇降機が持つ利点はささやかなものですが、膝を温存すると、繰り返される緊張からいくらか解放されることになります。膝を温存すると、手術の介入を回避し、より長期的に自立した生活を送れるようになる場合もあるということを、伝えても伝え過ぎるということはありません。自立した生活の喪失は、鬱病から体重の増加や睡眠障害まで、他の問題を誘発します。

活動的であることの重要性を軽視することはできませんが、ものを担ぎ上げて階下に向かうなどの日常習慣ということになると、利点どころか害を及ぼし、膝関節の問題を悪化させたり、重度の軟骨劣化という結果をもたらしたりする場合があります。

それ故に、活動的でもまだ家の階段を移動することに困難を感じる場合は、階段昇降機が完璧にそれを補完する予防オプションとして役立ちます。

このステートメントでは、知識の豊富な当社の従業員だけでなく、主に複数のヨーロッパ諸国と米国の市場にわたるStannahの最近の研究に証拠を見つけます。この研究は、関節の痛みが移動問題の主な原因の1つであることを示しています。

  • 階段昇降機のユーザーの50パーセントが膝関節の問題を抱えています。
  • 潜在的ユーザーの61%が膝関節の問題を抱えています。

実際に、階段昇降機のユーザーの50パーセントが膝の問題を抱え、潜在的ユーザーの61パーセントも膝/関節の問題を報告しています。

従って、これにより膝の問題が、特に一般的で、階段を上ることをより困難かつ危険なものにする身体的な低下を引き起こすということが証明されています。

別の角度から見ると、数ある中でも次のように、膝関節の問題が移動問題の50パーセントを占めます:

  • 骨格系 (膝関節 – 50%)
  • 疲れ (32%)
  • バランス/安定性 (30%)
  • 呼吸器官 (23%)
  • 循環器系 (21%)
  • 神経系 (14%)
  • 視覚系 (12%).

関節リウマチや変形性関節症の症状により行動不能に陥る場合があるのに、ご両親が家に滞在することを選択し、どうやって助けなしで階段を上り下りできるのだろうとあなたは不安を抱えることになるかもしれません。

予防とは管理です

予防は治療にまさります。関節リウマチ (RA) や 変形性関節症 (OA) のケースなど、治療法がないものの場合は特にです。

潜在的ユーザーの半分以上が、日常生活に本当の利点を提供してくれる階段昇降機のエンジニアリングソリューションを検討しています。予防が最優先となることに重点を置き、顧客に役に立つ教育情報を提供していきます。階段昇降機は、予防対策またはソリューションの両方として考えられてきました。

Stannahは、真剣に顧客のことを大事に思い、階段を使用するときに経験する困難がどれほどのものかを理解いたします。顧客に共感できることは、より正確に顧客のニーズを理解するために極めて重要です。この種の共感は、顧客に最適な製品を設計するための重要な要素です。また、技術的側面が重要である一方、老化に関する文献を再調査することに相当量の時間を費やすことで、当社は顧客への理解を深めてより共感できるようになります。

「1オンスの予防は1ポンドの治療に匹敵する。」ベンジャミン・フランクリンより

その一日が終わる頃には、老年や関節炎との闘いをすべて経験してきた顧客の感動を与える最高のストーリーに出会えて、私達は幸運だと思います。  それは常に感動的な旅であり、私達は、高齢者に心理的な影響を与えるかもしれない痛み、限界、苛立ち、依存に立ち向かう方法を理解します。

 

そのようにして、膝の痛みに苦しむ友人や同僚などが身近にいる場合は、その人が本当に向き合っている障害を想像できるかもしれません。ただし、自分の状態や身体的制約を受け入れることはその人たちにとって、とてもストレスを感じさせるものになり得ることを理解する必要があります。その痛みの他に、自宅で自由に移動できないことで、絶望感に見舞われ、制御不能になり、鬱病になる場合もあります。身近な人に、ある作業を行うことがもうできないということを理解させることは困難です。肉体的にできなくなっても、その人がその日常習慣に挑み続けることは珍しくありません。

介護人として、身内が無事で安心であり、完全に自立して家全体を自由に動き回れるということを知り、心の安らぎを持ちたいと絶対に思います。

膝の痛みや膝の問題については、確かなソリューションがない場合もあるけれど、階段昇降機を使用すると、さらなる損傷を膝関節に与えないようにすることができます。

期待を込めて、このブログにより、膝関節の問題に関するお客様の理解を向上させました。より良い治療と確かなソリューションはありがたいものですが、理解と共感が常に、予防に通じる道を歩む良いスタートです。

予防とは管理です!