+81 0358183457

今すぐ当社までお電話ください

機能的バランスに寄与する科学 : バランス感覚障害の防止

バランス感覚が一般的に見過ごされてしまい、その結果として、長期間バランス感覚障害に気が付かない場合があります。

作成者 Stannah 時刻 22-08-2021

グローバー、アトキンおよびマッギンリーによって行われた「Certainty as a Provocation」と題される研究により、自分のバランス認識を全面的には信頼できないということと、機能的バランスのレベルを正確に評価するには定量的評価法が必要であることを理解しました。さらにそれについて考えると、私達は自分のバランス感覚をほとんど疑問に思わないということです!ほとんどの場合、それを当然のように考えています。そのため、私達の目標は、最も苦労していることを特定して改善できるよう、日々の活動を行っているときの機能的バランスや自己認識について、高齢者の知識を高めることです。

機能的バランスに寄与する科学

機能的バランスまたはバランスの損失の背景となる知識は、高齢者が転倒しやすい理由を理解するには極めて重要です。まず転倒が起きないように防止していないのであれば、バランスの損失を特定できることは、少なくとも、必要な対策を講じたり、転倒の頻度や重症度を減らしたりするのに役立ちます。

バランスが機能する方法とは?

バランスはすべての動作が基づくことになる土台です。それにより、転倒することなく歩いたり、走ったり、移動したりできます。バランスと平衡は、目、内耳、および筋肉や関節などの体のその他の感覚器から入ってくる信号を脳に送ることによって制御されます。それらが一体となり、釣り合い方式、またはもっと正確に言えば、前庭系を形成しています。

液体と感覚器を含む三半規管からなる内耳により、頭部の回転運動を検知することができます。頭部を動かすと、三半規管の有毛細胞が脳に神経インパルスに伝えます。その神経インパルスが脳で処理されることで、私達はその空間、または移動しているかどうかを知ることができます。

35歳になるとすぐにバランスが次第に衰え始めるのだけれど、めまいやふらつきが生じてからのみ、バランス感覚がどこかおかしいことに気が付くのかもしれません。メニエール病など、前庭系の問題の兆候ということがあり得るため、特別の治療を受けるために医者に診てもらうようにしてください。

ただし、見落とされがちですが、バランス感覚障害が、失明、筋力低下、加齢による認知障害またはビタミンB12欠乏症などの高齢期に関連付けられている他の要因と合併している場合もあります。これは運動性に直接影響を与える場合があり、その人は立ったり歩いたりすると不安定な感覚を覚えます。それが、年齢と共に転倒のリスクが増加する理由です。

高齢者の転倒予防に関するグローバルレポート (2007、p.5) では、世界保健機関により、次のように、転倒または転倒関連の怪我に関する危険因子のモデルが提示され、カテゴリに分けられています:

行動危険因子:

  • 多剤併用
  • 過剰なアルコール摂取
  • 運動不足
  • 不適切な履物

環境危険因子:

  • ひどい建築設計
  • 滑りやすいフロアと階段
  • たるんだカーペット
  • 不十分な照明
  • ひび割れた歩道やでこぼこの歩道。

社会経済的危険因子:

  • 低い所得および教育レベル
  • 不適切な住宅
  • 社会的交流の欠如
  • 保険および社会サービスを受ける機会が限られている
  • コミュニティリソースの欠如

生物学的危険因子:

  • 年齢と性別
  • 持病 (例: パーキンソン病、関節炎、骨粗しょう症)
  • 身体能力、認知能力、感情能力の低下

 

体のバランスの状態評価と転倒予防

転倒の予防は、既に転倒しているか、つまづくことが余りにも多いことを他の誰かから指摘されない限り、個々に体のバランスの状態に関する自己認識が欠けている場合があるため、常に簡単な作業とは言えません。

予防の観点を考慮し、識別されているバランス障害の種類によっては、作業療法士によって処方されるバランストレーニングが間違いなく必要になります。そのトレーニングは、通常、特定の介入プログラムを開発するためのデータを理学療法士に提供することになるバランス評価から開始します。理学療法士は、通常、バーグバランススケールを使用し、定量データが提供されることにより、日々の状況の中での高齢者間の機能的バランスが評価されます。その目標は、量的かつ質的な体のバランスの状態を評価する精密な診断装置を使用し、長期間にわたって行われた、静的かつ動的な姿勢バランス、ボディアライメント、さらに、最終的にはバランス自信度を向上させることができる動的なバランス感覚の訓練を提供することです。機能性エクササイズを取り入れた身体的活動は、バランスを向上させるために欠かせません。それにより筋肉を鍛えて体の姿勢を正すと、その組み合わせが転倒予防の重要な役割を果たす可能性があります。

機能的バランスを向上させて、転倒のリスクを減らすための足関節の強化

体のバランスの状態を検査して内耳や前庭系に関連した病気を除外した後に、バランス感覚障害が足関節の不安定性に起因するという結論に達する場合があります。足関節の安定性について考える場合は、それらの間に強いシナジーがあるため、常に膝と共に腰も考える必要があります。ですから、足関節は動的なバランスを制御するための鍵です。

歩行の改善と同様に、足関節の安定性を向上させるのに一番良いのは、機能性エクササイズです。これらは、日々の活動を再現するタスク指向のエクササイズです。高齢者は家でかなりの時間を過ごすことになるほど、毎日の状況を模倣してみて、実行される必要がある動きに焦点を当てることが重要になります。それらを特定したら、無意識的過程になるまでエクササイズを行うことで、それらのバランスの改善を試みます。これにより、筋肉と関節が鍛えられ、歩行も改善されるため、関節可動性とバランス安定性の向上につながります。

股関節の骨折後の機能的バランスと自信の回復

バランスの損失は、既に転倒が起きた後にのみ特定される場合があります。世界中で平均寿命が延びており、今にバランス喪失の診断を誤ると、転倒の頻度が増加し続けることになります。転倒による怪我で、最も一般的で身体の自由を奪うものは、股関節の骨折です。

既に誰かが転倒してしまっていて、身体的障害とさらなる転倒への恐怖を抱えている場合、その人の機能的バランスを元の状態に戻す方法とは?

英国の保健省によると (2014)、「患者の短期的および長期的な見通しは、股関節の骨折後には一般的に良くなく、1年での死亡が18%から33%の間で増加しており、買い物や散歩などの日常生活に悪影響をもたらします。長期障害に関するレビューでは、股関節を骨折した患者の約20パーセントが、骨折後の最初の1年で長期ケアを受けています。」

そのような衝撃的な出来事の後、リハビリテーションの成功はケースバイケースですが、一般的には腰関節と膝関節の可動域の改善、筋肉の強化、協調とバランスの回復から開始します。少しずつ、機能的バランスの回復により患者の生活の質と自信が高まることになります。

高齢者の機能的バランスと認知障害

身体機能が活発な高齢者の方が認知能力が高いというエビデンスがあります。実際に、身体的活動は神経発生に関連付けられています – 神経細胞増殖 – つまりは、脳が刺激されると神経可塑性が生じるという意味です。これは高齢者の脳でさえ真実です。

バランス感覚障害は、転倒の恐怖が理由で身体的活動の低下に寄与する場合が多くあり、徐々に身体的欠陥に進展する場合もあるため、早く認知障害になってしまうという結果をもたらします。だから、不安の種を取り除く治療が非常に重要なのです。特に足関節を念入りに、コアマッスルを強化することによりバランスを向上させると、ほとんど確実に転倒のリスクを低下させ、さらに頭も冴えわたり自信も高められます。

 

参考文献:

  • Grover, S., Atkin, R., and McGinley, C. (2015年)。Certainty as a Provocation: セルフ技術プロジェクトの量および質の2つが1つに組み合わされたツールの設計と分析。次を参考: デザイン会議を通じての第2回ビエンナーレ研究議事録、2015年3月25-27日、英国ケンブリッジ、論文22。DOI: 10.6084/m9.fgshare.1328004
  • Delbaere K、Sherrington C、Lord SR。転倒予防の介入。次を参考: Marchus R, Feldman D、Dempster DW、Luckey M、Cauley J (編)。骨粗しょう症。第4版、フィラデルフィア (PA): エルゼビア、2013年: 70章
  • Donath L、van Dieen J、Faude O。エクササイズベースによる高齢者の転倒予防: 機敏性とは?スポーツ医学。2016;46:143-149.PMID: 26395115